Home

翻訳研究 Translation Studies(山田優 研究室)

本研究室では、翻訳通訳研究(トランスレーション・スタディーズ)を探求します。研究・教育テーマは以下の通りです。

研究テーマ

  • 翻訳テクノロジー研究(ポストエディットなど)
  • 翻訳プロセス研究(プロセスの外在化、および心的プロセス)
  • 翻訳通訳コーパス構築
  • 翻訳品質と翻訳(者)的行為の相究

教育テーマ

  • 通訳翻訳・機械翻訳の外国語教育への応用(TILT)
  • 翻訳通訳リテラシー教育と専門職としての翻訳通訳教育
  • 字幕翻訳の一般英語教育への応用
  • 翻訳テクノロジーの語学教育への応用
  • 翻訳通訳教育のオンライン教材開発

この研究室について

立教大学 異文化コミュニケーション学部 山田研究室

山田優

立教大学 異文化コミュニケーション学部 教授

東京都出身。米国ウエストバージニア大学大学院修士(言語学)。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科 博士(異文化コミュニケーション学/翻訳通訳学)。フォードモーター社内通訳者、産業翻訳者を経て、株式会社 翻訳ラボを設立。今は、翻訳通訳研究に没頭中。研究の関心は、通訳翻訳研究全般、訳出プロセス、翻訳支援ツール、翻訳メモリ、機械翻訳、ポストエディット等、翻訳通訳教育、翻訳通訳リテラシー教育、TILT。
日本通訳翻訳学会理事歴任。八楽株式会社 チーフ・エバンジェリスト。一般社団法人アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)理事。著書に坂西優との共著『自動翻訳大全』。詳細はこちらをご覧ください。

研究業績等

山田 優 (Masaru Yamada) - マイポータル - researchmap
researchmap is an information sharing platform for the researchers. researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency.